×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

蟹を食べに小旅行

11月の下旬、カニの解禁のニュースが流れており「今年もそんな季節か」と感じながら「食べたい!」という気持ちが出てきました。

 

ニュースは鳥取県境港からでした。私は岡山県岡山市在住でしたが、「今食べたい!」と気持ちが盛り上がり、次の日が休みだったため購入しに行くことに決めました。
朝6時に自宅を出発、高速道路を進み、9時に到着しました。境港は多くの人でにぎわっており、市場にはたくさんの魚介類が並び、目指すカニ達もいました。いろいろ事前に調べたらカニしゃぶが食べたくなっちゃって前日の夜に空腹すぎて耐え切れず、かといってカニも当然ないので日進のシーフードヌードルでなんとかやりすごしました。こちらのサイトとかで予習しましたが結構いろいろカニ屋さんがのってます。蟹しゃぶ.net|安い・美味しい・おすすめの蟹しゃぶを買うには

 

タラバガニ、松葉ガニ等、いろいろなカニが並んでいましたが、食べたいのは王様松葉ガニです。数件店を回って値段交渉しました。さすが松葉ガニ、値段も高く大ぶりのものは一杯8000円もします。せっかく来たのだから奮発し、8000円と5000円の2杯を購入、他には甘海老やら刺身を購入して帰路につきました。
家に着くと、すぐに調理開始です。どう調理しようか楽しみながら迷う瞬間です。シンプルにゆでガニと、カニ汁を作ることにしました。身を取り出してみると、パンパンに詰まっていました。そのあたりの安い居酒屋だと、外見が大きくても中はスカスカのものが多いですが、これは本物でした。調理も済み、たらふく松葉ガニを味わいました。

 

なんともまあ、磯の味、カニの味が濃いこと。夢中で食べあさりました。カニ汁も出汁のうまみがたまりません。ああ今年も冬が来たのか、と満腹感に満たされながら季節を感じた1日でした。